© JIMI-Lab All rights reserved.

​mission | 私たちが目指すこと

「社会のてこ」としての中間支援の価値を研ぎ澄まし、協働による社会課題解決を加速させる

私たちJIMI-Lab(Japan Intermediary Innovators’ Lab)は、「中間支援」を「社会課題を解決するための協働を促進する媒介機能」と定義します。


多様化・複雑化する日本の社会課題の解決を加速させるためには、様々な異なる主体が目的を共有し、対等な立場で力を合わせて取り組む「協働」を手段とすることが不可欠です。

 

その際、中間支援人材が適切に事業に介入ないしは伴走し、組織文化や理解のギャップを超えた共通認識や相互理解を形成して、円滑に協働を推進する「てこ」としての役割を担う必要性を感じています。

しかし、そうした価値を創出できる人材には多岐にわたる経験や能力、価値観や姿勢が求められ、ひとつの組織の内部だけで育成することには限界があります。


そのため、私たちJIMI-Labは、属する組織や地域を超えて、ともに相互研鑽することで自ら成長し、実践し、研究する、プロフェッショナルな個人の共同体として、ミッションを実現します。

JIMI-Labの3つのバリュー

中間支援人材の成長支援


中間支援の役割や価値を理解し、それを主体的に担おうとする人材が、他者との相互研鑽を通して自発的に成長する環境をつくります。また、その人材が創出する成果を継続的に可視化し社会に発信します。
相乗効果を高めるため、それぞれ価値観の理解を深め、相互の成長や成果にコミットし合う関係性を築きます。
主として組織よりも個人を対象とした価値提供を基本とし、人材の成長支援に取り組む事業をJIMI-Labのミッションの中核として位置づけます。

多くの地域や分野に応用可能な協働モデル事業の実践


中間支援の視点から、取り組むべき本質的な社会課題を発見・定義し、多様なステークホルダーとの協働によって課題解決を促進する事業を実践します。
JIMI-Labとして取り組む事業単体の成果を創出することにとどまらず、他の課題や地域においても応用可能な事業モデルの開発・普及を志向します。

成果創出の“勘どころ”を共有知化するための人材や事業の研究


成果を生み出す人材が持つ「経験や能力」「価値観や姿勢」、課題解決を実現する事業の「方法論」を研究し、質の高い暗黙知を共有知化します。
さらにその共有知を広く社会に発信することで、社会全体としての人材や組織の成長を促進します。